入学式に母親が着物を着るメリット・デメリット

 

 

入学式に母親が着物を着るメリット・デメリットです。

 

入学式に母親が着ていく服装と言えば
スーツかワンピースが主流です。

 

しかし昨今では着物での出席する母親が増えていて
着物レンタルなどの需要も広がっています。

 

そこで何故入学式に母親が着物を着ていくのかまとめていきます。

 

 

着物が選ばれる理由

 

入学式に母親が着物を着ていく理由としては
入学式はお祝い行事だからです。

 

せっかくのお祝い事ですし季節も春ということで
着物を着て華やかにしたいということですね!

 

そして持っている着物を着る機会にもなるからです。

 

成人式で着物を購入したのはいいけど、
それ以来着る機会がなかった方も多いと思います。

 

ですので母親にとって入学式は着物を着る機会になるんですよね。

 

たくさん西洋の服装も使われていますが
やはり日本人女性には着物がすごく似合うのも特徴です(^^)

 

着物を持っていない母親やママさんでも
着物レンタルをして入学式に行く方も増えています。

 

 

着物のメリット・デメリット

 

入学式に着物を着ていくメリットとデメリットです。

 

メリットとしては着物を着る機会になるのと
キレイで華やかにできる点ですね。

 

記念写真を撮る時もキレイな母親の姿を残せますし
体型が多少変わっても目立たなくなりますからね。

 

また、他の母親やママさんたちに覚えてもらいやすくなります。

 

 

そしてデメリットは着付けや髪型のセットに費用と時間がかかる点です。

 

そこが着物の唯一の弱点なんですよね(^^;)
成人式などを思い出すと大変だった記憶があるはずです。

 

あと主役は子どもなので派手な着物は避けるべきですね。

 

 

しかしそれでも着物が選ばれる理由は
デメリットよりもメリットの方が良いからです。

 

きっと子供も普段とは違う雰囲気の母親に喜んでくれるでしょう!

 

数年後に入学式の写真を見ても
キレイな姿の方が思い出の形としても良いですよね!

 

多少費用がかかっても着物レンタルが人気なのも納得です!